シケチシダの観察

シケチシダ

シケチシダ

該当する科・属名 該当の写真集へリンク

 シケシダとシケチシダは、名前が似ているが全く別ものである。シケシダは日陰といった比較的明るい場所に自生するが、シケチシダは名前のとおり山地の沢沿いで薄暗い場所に自生する。
 シケチシダは本州、四国、九州に分布しおり、北海道では確認されていない。
 シケチシダの芽立ちは、薄暗い場所の中で鮮やかな緑色をしており、葉柄の紫紅色と相まって美しい。
シケチシダの芽立ち
 シケチシダは中軸と羽軸の分岐点に特徴があり、芽立ちの頃は明るい褐色の鱗片に覆われている。
分岐点をルーペで見ると、肉質の突起が多く見られる。
中軸と羽軸の分岐点
 軸にある溝の観察は大事である。 シケチシダ属は中軸から羽軸に流れ込むが、シケシダ属は中軸から羽軸に流れ込まないという違いがある。 中軸の溝は羽軸の溝に流れ込む
 シケチシダ属の仲間は、胞子嚢群に包膜がないのも特徴である。
 シケチシダの中軸や羽軸の毛は少なく、あっても短い。
シケチシダの葉裏

タカオシケチシダの葉裏

 タカオシケチシダは、葉裏の中軸や羽軸に多くの毛がある。葉の形などはシケチシダと同じである。

葉の裏が汚れているのは?

 タカオシケチシダは、葉の裏が汚れているシケシダを探すと見つけ出しやすい。
 シケシダの葉は斜めに立っているが、タカオシケチシダの葉は地表面とかなり平行して生えるため、雨水の撥ねで土が毛に付着し易い。
タカオシケチシダの葉の裏が全て汚いとは言わないが、探し出す一つの手段である。

This page last updated 22 Aug. 2010