ヒカゲノカズラの観察

ヒカゲノカズラ

該当する科・属名       該当の写真集へリンク

【各部の名称】
・主軸…長く這う茎。長いものでは2mを超える。
・側枝…主軸から枝分かれしたもので、小葉を密生す
     る。
・総梗(ソウコウ)…直立茎ともいい、先端に胞子嚢穂を付け
         る。
・小梗(ショウコウ)…総梗から枝分かれした胞子嚢穂の柄の
          部分。
・胞子嚢穂…円柱状をしており、葉の基部に胞子嚢をつ
        ける。
【シダ類とシダ植物の違い】
 シダ植物は、シダ類(ferns)とシダ類を除いたもの(fern allies)との総称である。
 fern alliesには、ヒカゲノカズラ、イワヒバ、ミズニラ、トクサなどがあり、特異な体勢をしている。 次のサイトではシダ植物を科別に整理し、fernsとfern alliesが判るようにしている。 http://homepage2.nifty.com/fern/family01.html
 ヒカゲノカズラは、オオカミノアシやムカデカズラと呼ばれる以外に、キツネノマクラ、キツネノクビマキなど地方によって様々な呼び名があり、人との関わりが深い植物である。 天照大神が天岩戸に籠もっていた時に、天宇受売神(アメノウズメノカミ)が舞を舞って天照大神を外に出すのに成功したと古事記に記されているが、ヒカゲノカズラを身にまとった天宇受売神の舞はさぞ滑稽であったであろうと想像される。

 ヒカゲノカズラの利用法は、様々なものがある。
飾り…大昔は、女性の首飾り。(それでキツネノクビマキの名がついたのか?(^_^;)
神事…奈良・率川(イサガワ)神社の三枝祭り(ユリマツリ)では、巫女さんが頭にヒカゲノカズラを付けて舞います。
薬用…胞子は石松子(セキショウシ)といい、丸薬のまぶし粉として、また、花火や火薬にも混合されるがいずれも防湿効
    果を利用したものである。現在は、花粉増量剤としての利用が盛んで、果樹によって石松子と花粉の混合割合
    を変える。本来の胞子の色は白くやや黄味を帯びるが、花粉増量剤として使用するものは赤色に染色してあ
    る。
 ヒカゲノカズラを見分けるには、葉の先端部を観察するとよい。葉の先端部は、半透明の糸状になっている。
 葉は小葉で、右写真にある一枚一枚が単葉の葉である。
ヒカゲノカズラの葉先

ヒカゲノカズラの群落

 初秋に胞子は熟する。自生場所によって、葉の混み具合や胞子嚢穂に違いがある。
ヒカゲノカズラが見られる場所は、概ね次ぎのような場所である。

・やや乾燥した明るい林の下
・杉林の下。
 湿気っていて比較的暗い場所でも結構見られる。
 このような場所は酸性土壌で、杉の植林に適してい
 る。
・日当たりの良い崖地や斜面
 中部以北の高山や北海道には、小梗がなく総梗が10cmに満たないタイプのものがあり、エゾヒカゲノカズラと呼ばれている。(L. clavatum var. robustum)
 学者によっては、小梗が5mm以下のものをエゾヒカゲノカズラとする意見もあるが、右写真のような小梗が3mmである中間的なものは明確に区別できない。

 右写真のタイプは、インターネットで検索すると北米、ヨーロッパによく出てくるタイプであり、温帯性の地域に広く分布している。
胞子嚢穂は2〜3個である。
温帯域のヒカゲノカズラ

暖帯域のヒカゲノカズラ

 標高が下がり、普通の山野で見られるタイプが左写真で、暖帯でよく見られる。
 標高が下がるとともに小梗、総梗が長くなり、胞子嚢穂も4〜6個のものが出てくる。

 このタイプは、2倍体である可能性が高く、安定した場所で見られる。
 右写真は、山の中に新しく作られた道路の斜面に自生していたもので、陽当たり抜群の場所である。総梗は30cm近くあり、途中で分岐しているものもある。

 ヒカゲノカズラの染色体は、2、3,4倍体が報告されており、自生地の環境によってそれぞれが混生していたり単独であったりしているという。
http://aster.sci.kumamoto-u.ac.jp/~lycopod/study/docs/hikage.htm
向陽地のヒカゲノカズラ

26 Aug. 2006