カナワラビ類の見分け

頂羽片の見方

頂羽片状になっているかどうかは、各羽片の先端を線で結ぶと判断しやすい。

該当する科名、属名        該当する写真集へリンク

項 目

オオカナワラビ

ハカタシダ

オニカナワラビ

コバノカナワラビ

ホソバカナワラビ

葉の上部



側羽片と同型の頂羽片がある。



側羽片と同型の頂羽片がある。



上部が尾状になる。



羽片は次第に短くなる。



側羽片と同型の頂羽片がある。

小羽片



辺縁は三角形状の鋸歯で先端に刺がある。



浅い鋸歯があり、刺が目立つ。



浅い鋸歯があり、刺が目立つ。



小羽片は深裂か基部付近では羽状になる。



小羽片は深裂か基部付近では羽状になる。

胞子嚢群 辺縁近くに付く。 中肋と辺縁の中間に付く。 中肋と辺縁の中間に付く。 中肋近くに付く。 中肋近くに付く。
最下羽片

小羽片



後側の小羽片は長いものから短いものまで変化が大きい。



後側の基部小羽片だけが著しく長い。



後側の基部小羽片はやや長い程度



基部の小羽片が長く先端にいくほどに短くなる。



後側基部と次の小羽片が長い。

根 茎





根茎は短く這う。葉柄の間隔は1〜2cm 



根茎は殆ど塊状



根茎は殆ど塊状



根茎は短く這い、葉柄の間隔は密



根茎は長く這い、葉柄の間隔が広い。



This page last updated 27 Feb. 2006