デンジソウナンゴクデンジソウの見分け

デンジソウとナンゴクデンジソウ  

【胞子嚢果の断面】
・写真はデンジソウである。右の写真は胞子嚢果を縦に切り開いたものである。
・仕切の膜(包膜)によって幾つかの部屋があって、その中に胞子嚢が収まっている。
・仕切られた一つひとつの部屋が胞子嚢群で、大胞子嚢と小胞子嚢が混在している。
・胞子嚢の大きいものが辺縁付近にあって小胞子嚢である。胞子数が多いためか胞子嚢が大きい。各部屋の中央付近の胞子嚢は大胞子嚢で1個の大胞子ができる。
・この写真はファーブル(実体顕微鏡 ×20)を使って撮影しており、20倍でこの程度観察することができる。


該当する科・属名     該当の写真集へリンク

項 目

デンジソウ

ナンゴクデンジソウ

葉の辺縁

辺縁は滑らかである。

デンジソウの葉の辺縁
photo:Y.Yoshida

辺縁はやや波状になる。

ナンゴクデンジソウの葉の辺縁

胞子嚢果がつく位置

葉柄基部で根茎との分岐点から
離れた位置から分岐する。


デンジソウの胞子嚢果

葉柄と根茎との分岐点付近で分岐
する。


デンジソウの胞子嚢果



This page last updated 9 Nov. 2005