クラマゴケ類の見分け

各部の名称 
該当する科名、属名       該当する写真集へリンク

項 目

クラマゴケ

タチクラマゴケ

ヒメクラマゴケ

ヤマクラマゴケ

エゾノ
ヒメクラマゴケ

胞子嚢穂の
形状

クラマゴケの胞子嚢穂


四角柱状で折れ曲がるように付く。

タチクラマゴケの胞子嚢穂


側枝と区別が困難。
胞子嚢穂の付く側枝は直立する。

ヒメクラマゴケの胞子嚢穂


側枝と区別は容易。

ヤマクラマゴケの胞子嚢穂


側枝と区別が困難。

エゾノヒメクラマゴケの胞子嚢穂


側枝と区別が困難。
胞子嚢穂の付く側枝は直立する。


photo:Yucca

胞子葉は腹葉と背葉同形。

胞子葉は腹葉と背葉同形。

胞子葉は二形性で、栄養葉に対して背葉が大きくなり腹葉は小さくなる。

胞子葉は二形性。

胞子葉は腹葉と背葉同形。

栄養葉の
腹葉

卵形。
先端部は鋭頭。

卵形。
先端部は鋭頭。

卵形。
先端部は鋭頭。

卵形。
先端部は鋭頭。

卵形。
先端部は鈍頭。

葉の粗密

主茎:疎ら
側枝:密

主茎:密
側枝:上部−密
    下部:やや疎ら

主茎:密
側枝:密

主茎:密
側枝:密

主茎:密
側枝:上部−密
    下部:やや疎ら

胞子が熟す
時期

6月〜7月

6月〜7月

8月中旬〜9月上旬

8月下旬〜9月上旬

8月〜9月

自生地

地 上

地 上

岩 上

石灰岩上

岩 上



This page last updated 4 Nov. 2005