地形図名と2次メッシュコードの検索

《利用方法》
・このソフトウエアは、日本産シダ植物分布調査のために使用するソフトです。
・緯度・経度を入力すれば、2次メッシュの地形図名とコード番号を出力します。
・地形図名には枝番を付してあり、およそ2.5万分の1の地図に対応します。
・枝番は5万分の一を4分割してあり、北東(-1)、南東(-2)、北西(-3)、南西(-4)です。
・地形図名は、ほぼ全国をカバーしていますが一部の島嶼(とうしょ)には対応していません。(2次メッシュコードは表示します。)
・緯度経度の取得はGPSが最適ですが、国土地理院が提供している「地理院地図」が便利です。
《使用方法》
・地理院地図を開き、自生地の上に十字マークがくるように地図をマウスで移動させます。
・画面下の↑をクリックすると緯度経度(度分秒)が表示されるので、緯度と経度ごとに、それぞれ「データ仮置」にコピー&ペーストで貼り付けて下さい。
・「データ仮置」のデータを見ながら、緯度経度を選択して下さい。
・「地形図名の検索」ボタンをクリックすると、地形図名が表示されます。
・2次メッシュコードは6桁で使用します。上4桁が1次メッシュ、下2桁が2次メッシュで表されます。

《注意事項》
・「データ仮置」に置かれた値は計算しません。 メモとして利用して下さい。
・秒以下の小数点は切り捨てます。地形図の境界近くで小数点以下を切り上げると地形図名が変るので必ず切り捨てて下さい。
緯度:
  データ仮置

  入力 北緯:

経度:
  データ仮置

  入力 東経:



This page last updated 1 May 2017